トップページ >  > アトピーと食事

アトピーと食事



アトピー対策ではステロイド外用薬やセラミド、馬油、ワセリンなどのスキンケアに加えて食事も非常に大切です。ここではアトピー対策で積極的に摂りたい栄養、食事などについて紹介します。

●オメガ3
オメガ3とは不飽和脂肪酸です。青魚に含まれるEPA、DHAをはじめ、えごま油(しそ油)、亜麻仁油などが有名です。これらのオメガ3脂肪酸に含まれるαリノレン酸には、炎症を抑える作用があり、アトピーなどのアレルギー症状を抑える作用があります。

えごま油(しそ油)には抗酸化成分「ルテオリン」も含まれています。抗酸化成分は細胞膜や血管へのダメージを抑える作用があります。えごま油や亜麻仁油は熱に弱いので、料理にかけて食べるのがおすすめです。

青魚に含まれるEPAには血流を改善する作用、アレルギーや炎症を抑える作用があります。DHAには血流改善作用に加え、記憶力を改善する作用などがあります。青魚を食べるのが難しい場合は、サプリメントの服用も有効です。青魚を食べると痒みが出るという方は、亜麻仁油やえごま油をおすすめします。

●ビオチン
ビオチンはビタミンB群の一種です。痒みの原因となるヒスタミンの生成を抑える作用があり、アトピーの改善をサポートする栄養分です。アレルゲンが体内に入ると、ヒスチジンからヒスタミンが生成され、体内に痒み、炎症を引き起こします。ビオチンを摂取することで、ヒスタミンのもとになるヒスチジンを体外に排出されます。ビオチンは牛レバーをはじめ、ヨーグルト、大豆、ローヤルゼリーなどに含まれています。

●サラダ油、ごま油の取りすぎに注意
揚げ物の料理などでよく使うのがサラダ油、紅花油、コーン油、ごま油などです。これらの油はオメガ6脂肪酸と呼ばれ、リノール酸、アラキドン酸が豊富に含まれています。リノール酸、アラキドン酸の摂りすぎは炎症を引き起こし、アレルギーやアトピーの原因になります。

アトピー対策ではステロイド外用薬やセラミド、馬油、ワセリンなどのスキンケアに加えて食事も非常に大...