乾燥によって炎症が起こりやすいアトピー肌におすすめの化粧水を紹介します。皮膚のバリア機能を改善することで乾燥や外部刺激から肌を守る化粧水を中心に解説。

アトピー肌には角質バリア機能がポイント

アトピー肌の特徴にセラミド不足があります。セラミドは角質細胞間脂質と呼ばれ、角層細胞の間を埋め、肌水分の蒸発を防止する働きがあります。さらに皮脂と共に肌表面バリア機能を保持し、紫外線やアレルゲン(ダニ、ハウスダスト)などの外部刺激から肌を守ります。



アトピー肌は何らかの原因でセラミドが不足しているので、角層のバリア機能が乱れてしまいます。そこから外部刺激や細菌などが侵入することで炎症を引き起こし、かゆみが発生します。乾燥と外部刺激をカットする事が炎症とかゆみの改善には非常に重要です。また、なるべく香料や着色料などの刺激のある添加物を使用していない化粧水がおすすめです。

アトピー肌のスキンケアに保湿が欠かせません。その為にバリア機能を改善するセラミド配合の化粧水やクリームを使用します。セラミド配合の化粧水やクリームで角質細胞間脂質を補給することにより、肌水分の蒸発を防止してバリア機能を改善します。バリア機能で肌水分をしっかり保持し、さらに紫外線やダニ、ハウスダストなどの外部刺激によることで乾燥による炎症やかゆみの発生を抑えます。

人気のアトピー化粧水 BEST3

ヒフミド
980円 送料無料
セラミドでも保水力あるヒト型セラミドを配合。角質層の細胞間をしっかり埋めて乾燥を防止。さらにリピジュアが肌表面に膜を作りバリア機能を保持。紫外線やアレルゲンの混入を防止します。
アヤナス
1,680円 送料無料
浸透力のあるヒト型ナノセラミドで保湿とバリア機能を保持。CVアルギネートが肌にハリと弾力をもたらします。
つつむ
1,470円 送料無料
ヒト型セラミドを配合した化粧水。角質層の水分蒸発を防止。さらに角層バリア機能を改善してアレルゲンの侵入防止。

アトピー改善に欠かせない事

セラミドで乾燥を防止
角質細胞間脂質が肌水分の蒸発を防止
皮脂膜で外部刺激ブロック
肌表面にしっかり膜を作る事でアレルゲンカット。
刺激成分は無添加タイプを
香料、着色料など刺激成分を使っていタイプ。
適度な運動を取り入れる
スクワット、ウォーキングで代謝を上げて美肌に。
6時間は睡眠を取る
睡眠中の成長ホルモンが肌細胞を修復
食生活に気をつける
防腐剤、添加物などの化学物質を出来るだけ避ける

アトピーは常に乾燥しています。これはセラミド(細胞間脂質)が少ない為です。セラミドが少ないと肌水分がすぐに蒸発して乾燥します。セラミド化粧水、セラミドクリームなどを併用することでバリア機能を保持。紫外線やアレルゲンなど炎症の原因をブロックし、アトピーの悪化を防止します。


アトピーでも重度の炎症の場合は油分でしっかり外部刺激をガードします。あまりにもひどい場合は弱めのステロイドを使用します。乾燥や軽度の炎症の場合はセラミドクリームの使用がおすすめです。

アトピー化粧水ついて
アトピーは乾燥しやすく、肌は常に敏感になっています。これは角質のバリア機能が乱れ、神経線維が伸びている為です。バリア機能が乱れることで紫外線、アレルゲンなどが角質に入り込み、炎症を引き起こします。その結果、神経線維を刺激してかゆみを引き起こします。顔のような皮膚が薄い場所のアトピー対策ではバリア機能の改善が最も重要になります。そこでセラミド配合の化粧水やクリームを使用します。セラミドは角質細胞間脂質と呼ばれ、乾燥や外部刺激をブロックする働きをします。セラミドでも特に優れているのが「ヒト型セラミド」です。ヒト型セラミドは人に元々存在するセラミドと同じ形をしている為、保水力が非常にすぐれています。ヒト型セラミドはヒフミド、アヤナス、つつむなどの化粧水、クリームに配合されています。洗顔後、なるべく早く化粧水、クリームを付けることで乾燥を防止することがアトピーの改善につながります。